トップページ →投資信託商品
投資信託商品

外貨 MMF とは?

外貨MMFは、外貨を使って投資するファンドです。元本割れを起こしにくく、その安全性 には非常に評価が高いファンドですが、相場の変動によって損をしてしまう場合もありま す。それを考慮して上手に運用することが大切です。
外貨建ての言葉通り、ドルやユーロなどの外貨で運用する投資信託の中で、日本国内で売 買できる物の一つです。その投資方針は、投資の元本割れを起こして投資家に損をさせる ことなく、その利益の配分を維持することです。その安全性を確保するために、優良企業 の社債や、国債に対して投資しています。安全な投資信託であるという評価を投資家から 与えられているのです。その半面、外貨MMFは、短期間で多くの利益をあげたい人には向き ません。リスクを少なくして、長い年月をかけてお金を少しずつ増やしていきたいという 人には向いています。土曜日と日曜日の投資信託が休みの日以外は、いつでも購入したり、 お金に換えたりすることができます。満期という概念がないために、いつでも好きな時に、 契約を解除してお金に換えることができるのです。そして、1000円からの少額のお金から 始めることのできる投資信託であるため、手頃であるとも言えます。


REITとは?

REITは不動産対や投資に対する投資信託です。高い配当率・情報の透明性・小口化して投 資できるなどのメリットがあります。また、リスクを回避するための分散投資に向いてい ます。
投資家から集められたお金は、オフィスビルなどの不動産の運営に使われ、部屋代として 賃貸した時の収入や、売却した時の収入を投資家に還元します。REITには、会社が投資口 と呼ばれるものを発行して投資家からお金を集める会社型と、信託銀行の信託勘定を利用 した契約型があります。会社型の場合は、配当可能な利益の90%以上を投資家に配当すれ ば、会社としては法人税が実質上非課税になります。契約型投資信託の場合、投資家の資 金はいったん販売会社に集められ、その資金を受託する銀行に入金することでファンドが 始まります。この時点で、販売会社が委託し銀行が委託を受けるという形になります。


ETF とは?

ETFは、Exchenge Treded Fundで、日本語訳では証券取引所で取引されている投資信託とい うことです。ETFは証券取引所に上場しているということで、上場投資信託とも呼ばれてい ます。
投資信託と何が違うかというと、投資信託は投資家から資金を集めて、投資のプロに投資 全般を任せ、そこで利益が出たら分配金として投資家に還元されるものです。ETFは、運用 そのものをプロに任せるという面では、投資信託と同じですが、売買の仕方が大きく変わ ります。買い付けも売りも株式と同じ様に証券取引所での取引ということになります。投 資信託ではできない売りの取引が、株式取引と同じ様にできるということです。ETFは、 株価指数などとの連動によって、その価値がリアルタイムで変化しますから、一日のうち でも価額が大きく変動します。投資信託も株式取引も経験のない初心者の方でも簡単に始 められます。投資信託のように任せっぱなしというわけではなく、取り引き主人公は自分 というところも魅力のひとつでしょう。


コンテンツファンドとは?

コンテンツファンドとは、映画や音楽、ゲ−ムソフト、グラビアアイドルの写真集などの 知的媒体が投資先ということになります。即ちそれらの開発費や制作費を一般投資家から 集めて、成功した場合に出資金額に応じた分配金が出るということです。
映画、CD、DVDの制作費やブロードバンド等の開発費などに投資をするということです。 ただ制作費を援助だけというのではなく、ヒットしたものについては成功報酬として、分 配金もあるシステムで、金融を対象としている投資信託と流れは同じです。この分野につ いての成長はとても著しく、映画やアニメ、ゲームといった日本のコンテンツ・ビジネス は、13兆円、キャラクターなどを含めると15兆円規模と言われ、毎年成長を続けています。 そこにファンドという投資信託の形で、投資家から資金を集めるコンテンツファンドは、 これからの投資信託として注目されています。同じ投資するのでも、趣味が合う、興味が あるものへの投資ということで、ファンドそのものに愛着を感じるということもあるでし ょう。


ファンド オブ ファンズとは?

一つの投資信託の中に複数の投資信託が組み込まれていることを言います。要するに○○ 株の投資信託というよりは、地域限定の投資信託や、ある分野に特化した投資先を複数集 めたものという感覚です。
ファンド・オブ・ファンズの中に組み込まれる複数の投資信託の数や割合に関しては、フ ァンドマネージャーによる、その時の判断で常に流動的になっています。世界情勢や為替 動向によっては、大きく変動する投資の世界において、利益追求の投資信託は、いくつか の投資信託が組み込まれている方が、絶対に有利ということになります。また、株式や債 券に直接投資という形ではなく、投資信託への投資となります。投資に関しては、分散投 資がリスクヘッジにもなりますから、ファンド・オブ・ファンズの投資信託の方法は賢明 だともいえます。ファンド・オブ・ファンズの内容は、株式と債券を組み合わせたものが 一般的です。また、各国の株式や債券が含まれていますと、為替リスクの回避も可能です。 運用会社もひとつではない場合がありますから、常に最良のパフォーマンスが期待できる ということです。

 

投資信託とは

投資信託とは、複数の投資家たちから集めた資金を、1つにまとめ(ファンドという)、それを基にし、株や不動産などに投資をする、いわゆる金融商品です。プロのファンドマネージャーが集まったお金を運用していきますので、私たちには運用会社の方に任せておけばよいのです。

投資信託商品

投資信託商品の外貨MMF、REIT、ETF、コンテンツファンド、ファンドオブファンズがなにかを正確に知り、自分の資産に合わせ、ちょうどいい形の投資信託の商品を選ぶことが出来ます。

投資信託の利益

投資信託の売買益と収益分配金に意味と、その内容を理解し、投資信託により利益を上げる方法を説明します。内容をしっかり知った上で、投資をするとより利益率が上昇するのではないでしょうか。

購入方法・換金方法

投資信託の購入方法について説明します。、投資信託を購入するためには、投資の時間を分散し価格変動リスクを低減させることが大切です。口座開設も必要なので、そちらの説明もします。