トップページ →投資信託などでも新興国関連が大人気

投資信託などでも新興国関連が大人気

中国やブラジル、インド、南アフリカ。金融危機後も株価の回復が早く、成長力の高さが話題になり続けているのがこうした新興国だ。投資信託などでも新興国関連が大人気になっている。

様々な金融機関のセミナーなどでは「経済の高成長の持続=長期的な株高」という、新興国投資に関する分かりやすいストーリーが決まって示される。魅力的に思える投資商品を次々に買っていった結果、運用資産の6〜7割が新興国関連になっている高齢者すら見かけるようになった。

もちろん資産の一部を新興国に投資することで全体のリターンを引き上げられる可能性はある。「財政状況を見ると、今や、先進国よりむしろ健全な国も目立つ」(日興グローバルラップの松下雄一取締役)ことも安心感の背景だ。しかし「新興国投資は長期的に有利」と頭から決め込んで、あまりに高い比率で投資するのはリスクも大きい。

これまで株式投資の世界では「企業収益や株価の上昇は、長期的に見るとGDP(国内総生産)の成長にリンクしている」と、当たり前のように指摘されてきた。だからこそ「高成長の持続=長期的な株高」という金融機関の宣伝文句が説得力を持つわけだ。しかしそれは本当に正しいのだろうか。


新興国関連が大人気かぁ。
新興国関連って何?




投資信託とは

投資信託とは、複数の投資家たちから集めた資金を、1つにまとめ(ファンドという)、それを基にし、株や不動産などに投資をする、いわゆる金融商品です。プロのファンドマネージャーが集まったお金を運用していきますので、私たちには運用会社の方に任せておけばよいのです。

投資信託商品

投資信託商品の外貨MMF、REIT、ETF、コンテンツファンド、ファンドオブファンズがなにかを正確に知り、自分の資産に合わせ、ちょうどいい形の投資信託の商品を選ぶことが出来ます。

投資信託の利益

投資信託の売買益と収益分配金に意味と、その内容を理解し、投資信託により利益を上げる方法を説明します。内容をしっかり知った上で、投資をするとより利益率が上昇するのではないでしょうか。

購入方法・換金方法

投資信託の購入方法について説明します。、投資信託を購入するためには、投資の時間を分散し価格変動リスクを低減させることが大切です。口座開設も必要なので、そちらの説明もします。